千葉にも永代供養をしてくれるお寺がある

千葉にも永代供養をしてくれるお寺がある

千葉県に限らず、全国的に少子化が進み、こどものいない人も少なくありません。

また、こどもはいても、娘1人であれば、長男の所にお嫁に行ってしまえば、永代供養を希望する人が増加傾向にあります。

両家のお墓を見るというのは、とても大変なことです。

そんな、お墓を継ぐ人がいない、不況のあおりを受け、経済的にお墓や納骨堂を立てるお金が足りなく、納骨することができないといった場合、一人暮らしの身寄りのない場合なども含め、多くの人が永代供養を希望する人が年々増加傾向にあるそうです。

そういった人が無縁仏になってしまわないように、永代供養を推進している協会があり、さまざまな取り組みを行っています。

千葉県にも、永代供養を行っているお寺があり、それぞれ相談してきた方に合ったお寺を、紹介してくれるそうです。

核家族が多く、一人暮らしで身寄りのないお年寄りにとって、こういった取り組みがあるのは、安心材料のひとつであるともいえるのではないでしょうか。

冷たいようだけど知らない人のお墓は守り続けるのは難しい

無縁社会と言われる現代ではあるものの、人は決してひとりで生きているわけではありません。

どんなに、ひとりで暮らしていても、ホームレスであったとしても、何らかの形で、人と人はつながっています。

一人暮らしで、普段、人と接することもほとんどないという人であっても、自分では気づかないようなところであったとしても、誰かとつながっていると思います。

そうはいっても、お墓となれば話は別です。

永代供養を千葉で考える

亡くなった方の遺骨を納骨してあるお墓を、子孫である私たちは、守っていかなければいけないのはもちろんですが、全く誰なのか知らない人のお墓を守りなさいと言われたら、あなたならどうしますか?まず理由を聞き、納得がいくような答えでない限り、断る人がほとんどではないでしょうか?千葉県に限らず、お墓を守る人がいない人のために、永代供養があり、共同墓地があります。

千葉のように人口が多ければ多いほど、永代供養のできるお寺や共同墓地はたくさんあります。

私たちに生を授けてくれた先祖のお墓を大切に思うのであれば、生前のうちにきちんとした対策を取ることが大切なのではないでしょうか。