無縁社会である現在だからこその永代供養の在り方

無縁社会である現在だからこその永代供養の在り方

無縁社会という言葉を、みなさんも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

昔は、10人以上いるような家族がほとんどだったのではないでしょうか。

現代では、10人家族などと言ったら、びっくりされることも多いかと思います。

また、自宅の近所づきあいの仕方も、昔は、近所に誰が住んでいるのか、挨拶だけではなく、近所付き合いも、とても幅広くしていたかと思いますが、現代では、近所づきあいはほとんどなく、近所に誰が住んでいるかもわからないという人も少なくないそうです。

また、若い世代になると、未婚率も高く、一人暮らしの人もたくさんいて、人とのかかわりが薄く、無縁社会と言われるようになりました。

千葉のような人口の多い地域では、特に、無縁社会は進んでいます。

千葉に限らず、永代供養の在り方も、そういった無縁社会だからこそ、従来の永代供養の在り方をは変わってきています。

従来から、共同墓地という形での供養の仕方もありましたが、現代は、永代供養に切り替える場合、個人のお墓ではなく共同墓地にお骨を入れ替え、供養を続けるという形のお寺も少なくないそうです。

時代の違いですね。