人口が多い千葉だからこそ永代供養が増えている?

人口が多い千葉だからこそ永代供養が増えている?

千葉県は、人口600万人を超える全国で6番目に人口の多い大都会のひとつともいえます。

人口が多いということは、残念なことですが、それだけ亡くなる人の人数も多いということになります。

日本で唯一500m以上の高さがある山がない地域で、太平洋と東京湾で三方が囲まれ、東京、埼玉、茨城、神奈川が隣接してはいるものの、川が間にあり、隣接した都県に行くためには、橋を渡らなければいけない場合が多いとはいうものの、やはり大都会である東京に隣接していることもあり、人口が減少した年度は、ほとんどありません。

平野が多く、面積のほとんどが平野であることもあり、住宅地として向いていることから、古くから、住宅地として開拓されてきました。

一方で、近年、全国的に問題になっている無縁家族や一人暮らしのお年寄りも増えています。

そんな千葉だからこそ、永代供養のできるお寺が、全国に比べると数は多くありますが、永代供養のできるお寺であっても、本来の姿である若い世代がきちんとお参りをし、お墓を守っていってもらえるのであれば、それが1番だということを、しっかりと伝えているのだそうです。